blank
資格 QUALIFICATION

資格 QUALIFICATION

資格は人生の大きな財産

不況の中、雇用形態の変化により、企業は学歴よりも実力を重視した採用にシフトしています。本校は、国家試験の科目免除認定校で、取得に有利になるほか、授業以外でも徹底した補習を行うなど、一つでも多くの資格が取得できるようサポートしています。

各種検定資格試験一覧

検定名 概要 級・種
危険物取扱者 国家資格であり、取得することによりガソリン等の危険物を取り扱うことができます。(特例あり) 甲種
乙種
丙種
電気工事士 国家資格であり、一般家庭における配線など、一般家庭工作物の工事作業に従事する者が有しなければならない資格です。 第2種
電気通信設備
工事担任者
国家資格であり、マルチメディア時代の動向に対応した通信端末設備等の接続に必要な資格です。種類によって工事・監督ができる範囲が異なります。
AI種:全国的にサービス提供されている基本的なサービスであり、技術、サービスの類似したアナログ電話及び総合デジタル通信サービス(ISDN)に関わる端末設備等の接続工事
DD種:ブロードバンドインターネットのデジタルデータ伝送サービスに関わる接続工事
第1種・総合種
第2種
第3種
ITパスポート試験 ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。
実用英語技能検定 英語の知識や能力を一定の基準に従い、全国的な規模において判定するもので、公的な資格を与え、その活用を図るために実施されています。 準1級
2級
準2級
3級
4級
実用数学技能検定
1次のみ合格者「計算技能検定」
2次のみ合格者「数理技能検定」
数学の実用的な技能を測る検定で、全国レベルの実力・絶対評価システムです。1次と2次試験があり、片方のみの合格にも合格証が発行されます。 2級
準2級
3級
4級
日本漢字能力検定 漢字能力を測定する検定です。単に漢字を「読む」「書く」という知識量のみをはかるのではなく、漢字の意味を理解し、文章の中で適切に使える能力も測ります。 2級
準2級
3級
4級
5級
計算技術検定 計算器具としての電子卓上計算機(電卓)の普及にともない、正しい使い方・技術の向上を目的として行われています。 1級
2級
3級
4級
情報技術検定 情報技術者(プログラマ)としての基礎的な技能や知識の習得を目的とする検定です。 1級
2級
3級
初級CAD検定 CADのコマンド・用語・システムの構成などの技能や知識の習得を目的とします。 初級
情報処理技能検定(表計算) パソコンの表計算ソフトの有効な利用を通じて、情報処理能力を身につけるとともに、情報社会の中でコンピュータ活用能力の向上を図ることを目的として行われています。 1級
準1級
2級
準2級
3級
4級
情報処理技能検定(データベース) パソコンのデータベースソフトの有効な利用を通じて、情報処理能力を身につけるとともに、情報社会の中でコンピュータ活用能力の向上 を図ることを目的として行われています。 1級
2級
3級
4級
文書デザイン検定 パソコンソフトの有効な利用を通じて、文書デザイン能力を身につけるとともに、情報化社会の中でコンピュータ活用能力の向上を図ることを目的として行われています。 1級
2級
3級
4級
ホームページ作成検定 パソコンソフトの有効な利用を通じて、ホームページ作成能力を身につけるとともに、情報化社会の中でコンピュータ活用能力の向上を図ることを目的として行われています。 1級
2級
3級
4級
パソコンスピード認定試験 パソコンの日本語ワープロソフトの有効な利用を通じて、正確かつ迅速な入力技能とコンピュータ活用能力の向上を図ることを目的として行われています。
なお、級の認定は、10分間での入力する文字数で決定されます。
初段
1級
2級
3級
4級
プレゼンテーション作成検定試験 現代社会では、学習発表やビジネスシーンにおいて、さまざまなアピールをする場面が増えています。本検定試験では、プレゼンテーションソフトの有効な利用を通じて、プレゼンテーション資料作成能力やコンピュータの活用能力の向上を図ることを目的として行われている。 1級
2級
3級
4級
日本語ワープロ検定試験 パソコンの日本語ワープロソフトの有効な利用を通じて、日本語 の入力および文書処理能力を身につけるとともに、情報化社会の中でコンピュータ活用能力の向上を図ることを目的として行われています。 初段
1級
準1級
2級
準2級
3級
4級
ビジネスコミュニケーション検定 社会人として必要なマナーやコミュニケーションに関する基礎的な知識・技能を身につけることを目的としています。筆記試験と面接試験が行われます。  
介護職員初任者研修 医療機関、老人ホームなどで、お年寄りや心身障害を持つ方に対し、身体の介護・家事の援助をする公的資格です。  
普通救命講習 心肺蘇生法、AED操作法をマスターし市民に対し救急処置ができる資格です。 普通救命
特別教育フォークリフト
(1トン未満)講習
労働安全法でフォークリフト(1トン未満)を安全に操作するために必要な講習です。 1トン未満
特別教育高所作業車
(10m未満)講習
労働安全衛生法で高所作業車(10m未満)を安全に操作するために必要な講習です。 10m未満
アーク溶接特別教育 アーク溶接機を用いて金属の溶接、溶断などの業務を安全に従事するための講習です。
 
クレーン運転業務特別教育
(5トン未満)
労働安全衛生法でつり上げた荷重5トン未満のクレーンの運転を安全に行うために必要な講習です。 5トン未満
玉掛け技能(1トン以上)講習 労働安全衛生法でつり上げた荷重1トン以上のクレーンの玉掛け作業を安全に行うために必要な講習です。 1トン以上
小規模ボイラー取扱技能講習 労働安全衛生法で小規模ボイラーを安全に操作するために必要な講習です。 小規模ボイラー

資格を取得した先輩たちの声

普通科 総合情報コース 3年
松本 匠平さん
資格がたくさん取得できるのが、工学院の魅力です。補習講座など、コツコツと取り組んだおかげで合格できました。
☆ 取 得 資 格 ☆
・ITパスポート試験 ・ホームページ作成検定2級 ・情報処理技能検定DB2級
・情報処理技能検定SP2級 ・文書デザイン検定2級 ・情報技能検定3級
・実用英語技能検定準2級 ・実用数学技能検定準2級 ・日本漢字能力検定準2級
・計算技術検定3級 ・普通救命講習 ・全商ビジネスコミュニケーション検定

電気科 電子機械コース 3年
今村 早希さん
補習講座や先生方のアドバイスが役に立ち、国家資格である第二種電気工事士や工事担任者DD3種を取得できました。
☆ 取 得 資 格 ☆
・第二種電気工事士 ・工事担任者DD3種 ・危険物取扱者乙種第4類
・危険物取扱者丙種 ・初級CAD検定 ・計算技術検定3級
・パソコンスピード認定日本語3級 ・特別教育フォークリフト1t未満講習 ・普通救命講習
・日本語漢字能力検定5級
blank
blank