普通科・総合情報コース

コンピュータ利用技術を学びながら、進学を目指します。

総合情報コース

時間割モデル時間割モデル

中学の復習から始め、どこから苦手なのか理解した上で高校の学習内容に入ります。パソコンの実習では初めてでも理解できるように進行し、CGの画像処理の授業では工業用ミシンで出力してオリジナル作品を作成します。検定はパソコンスピード認定、計算技術検定、漢字検定を全員必須で受験していきます。他に第二言語として初級の中国語の授業があるのが特色です。

時間割
時間割1

時間割モデル時間割モデル

2年次より総合情報コースに分かれます。コンピュータの基礎知識を座学と実習で学んでいきます。ワード・エクセルをしっかり使いこなすことはもとより、パワーポイントやホームぺージ作成も習得していきます。1年次よりもさらに上位の情報系を検定を目指していきます。

時間割
時間割2

時間割モデル時間割モデル

3年生はプログラミングを中心に学んでいきます。オリジナルRPG(ロールプレイングゲーム)を作成したり、AI(人工知能)のプログラミングをしてアプリを作っていきます。希望者はITパスポート試験や基本情報処理技術者試験に挑戦します。

時間割
時間割3
杉浦 光星

昨年までに情報処理技能検定 ホームページ作成検定など15個の資格を取得できました。自分にあったペースで勉強が出来るのでこの学校に入って良かったです。部活動は軽音部に所属し、充実した学校生活を送っています。

杉浦 光星さん

松岡 賢星

実技の教科が多いので楽しいし、筆記の試験が他のコースより少ないので資格試験に力を入れることができました。普通科ですが昨年は第2種電気工事士と危険物取扱者乙種第4類取れました。国家試験が取れたことが嬉しかったです。

松岡 賢星さん

加藤 徹

パソコンでイラストを描いたものがCG処理をしてミシンで刺繍として全自動で出力されます。世界で一つしかない作品が出来ます。遊び感覚で学べる環境がありますよ。

加藤 徹先生

後藤 政司

授業ではホームページ作成検定、プレゼンテーション検定の対策をしていきますが、3年生ではRPGのゲームを作っていくので学ぶ楽しさを味わえますよ。

後藤 政司先生

トップに戻る